職業:自宅警備員

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【職業:自宅警備員】

思うままつらつらと。

Facebookのメッセージが他のフォルダに紛れているかも。

雑記

どうもです。

僕は個人用のFacebookはやめましたが、

使っている人は気を付けた方がいいなと思った所があったので、

記事にしておきます。情報が古いかもしれませんが。

 

Facebookのメッセージ機能って使っていますか?

僕はそんなに使っていませんでしたが、仕事関係で使っている場合は、

必ずチェックした方がいいと思います。

大事なメッセージがメッセージBOXに届かず、

「フィルタ済み」のフォルダに入っていることがあるので、その確認方法です。

 

 

ログインした状態で画面右上にある、メッセージのマークをクリックします。

f:id:home-security:20160229173457p:plain

赤線部分です。

ここをクリックすると、マークの下に自分に届いているメッセージが表示されます。

 

その一番下に「すべて見る」があるのでこれをクリック。

f:id:home-security:20160229173711p:plain

 

そうすると、画面が切り替わり、メッセージ機能のページになります。

その中の左側、「もっと見る」をクリックすると、

f:id:home-security:20160229174124p:plain

「フィルタ済み」のフォルダが出てきますが、

ここにメッセージが紛れていることがあります。

 

なぜ、「フィルタ済み」のフォルダに分類されるのかはわかりませんが、

結構な確率でこのフォルダにメッセージが届いています。

 

これは僕の裏アカウント的なものですが、少し放置していたら、

4件もここにメッセージが分類されていました。

僕の場合はどうでもいいメッセージばかりですが、

大事な用事でFacebookを使っている場合は、

気を付けてチェックした方がいいですね。

 

以上、最後までありがとうございました。

批判の根っこは貴重な意見。なのかもしれない。

雑記
f:id:home-security:20160227184138j:plain

どうもです。

ブログに対しての批判を見ていると、見る度になんとも言えない気持ちになります。

わざと煽って書いている人もいるでしょうけど、なんか寂しくなる。

なんでただごちゃごちゃ騒いでるだけの批判に見えるのかなと思ったら、

やっぱり言葉使いだと思いました。

 

言っていることに対してはすごく同感でも、

その物の言い方で台無しになっている貴重な意見がたくさんあると思います。

 

僕は学がないので、ちゃんと正しい言葉を使えているかどうかもわかりませんが、

人が見ても嫌な気持ちにはならないように、書き方には気を付けているつもりです。

普段の生活での言葉使いはひどいかもしれませんが。

 

一つの考えに対して、結論に辿り着くまでの過程での考え方は違っても、

最終的に似たような所に辿り着くことがわかりました。

僕がこの間書いたこの記事ですが、

言及させてもらった方からすぐに「おもしろかった」とコメントを頂きました。

で、Twitterでも繋がれて、記事を読んでからの考えもツイートしてくれました。

 

それで思ったのですが、一つの文章に対しての捉え方や理解の仕方は違っても、

最終的な部分は近いような気がしたんです。

 

普段の生活や置かれている環境で、言葉の使い方や言い回しが違ったとしても、

敵意剥き出しの言い方ではなく、ちゃんとした会話で気持ちを言い合えば、

結局同じような結論になるんだなと。

 

もちろん、どう考えても意見が合わなかったり、

お互い譲れないこともたくさんあると思います。

でも、そこで批判感を丸出しにした汚い言葉で相手に詰め寄るよりも、

相手がどう考えてそこに辿り着いたのかを聞いてみても、

おもしろいんじゃないかと思いました。

 

そっちの方がただ騒ぐよりも、お互い良い意見が聞けると思うんです。

せっかく自分の考えを発信したり、相手にぶつけたりしているんですから。

喧嘩腰になって嫌な思いをするよりは良い時間になります。

 

おとなになることは寂しいことだと僕は思っていますが、

こういうことができない皮肉まみれのおとなは、もっとさみしく見えてしまいます。

感情をぶつけることは大事なことだと思いますが、ぶつけ方には気を付けないとな。

と、思った土曜日の夕暮れでした。

 

以上、最後までありがとうございました。

夢の続きを見る能力ってあると思いますか?

雑記
f:id:home-security:20160226141538j:plain

どうもです。

寝ている時に見る『夢』ですが、

今までに自分が経験したことが繋がって夢になる。とか、

欲求不満が基になって夢に表れる。など、色々な説がありますが、

今回は、僕が子供の頃から不思議に思っている、

夢の続きが見れる』現象について少し書こうと思います。

 

きのう見た夢の続きを今日見よう。と思って見れたことってありますか?

僕は半分くらいの確率で続きが見れるのですが、

その話をしても誰も信じてくれません。

 

どんな内容の夢でも、続きを見ようと思って寝たら見ることができます。

一瞬起きてまたすぐ寝た時なんかは、続きを見れそうな気がしますが、

次の日でも、その次の日でも、見ようと思った時に見れるんです。

 

周りに理解してくれる人が一人もいないので、

何か特殊な能力なんじゃないかと、少し心配しています。笑

 

と、言っても、自分に都合のいい夢は、続きを見れる確率が低いです。

例えば、芸能人とのやらしい夢だったり、いきなり億万長者になる夢だったり。

逆に、何かに追われる夢や、高い所から飛び降りる夢は、

続きを見ようと思えば、高確率で見ることができます。

夢の中でも、そう簡単にはいい想いをさせてくれないみたいですね。

 

ちなみに今日の夢は、女の人に誘導されて僕が川に飛び込む夢だったのですが、

その女の人は僕を自殺に見せかけて殺そうとしているんです。

夢だということも、女が僕を殺そうとしていることも、次に言う言葉も、

僕がこの後どうなるのかも、全部わかっているという夢でした。

 

川に飛び込んだ時に目が覚めたのですが、

今日この夢の続きを見ようと思って寝たら、きっと続きが見れると思います。

見れたところで、なんとか向こう岸まで泳ぎ切って女を探すけどどこにもいなくて、

川を見ると、女が浮いているというオチはわかっているんですけどね。笑

 

夢の続き、見れたことってありますか?

 

以上、最後までありがとうございました。 

努力がセンスに勝てるワケがない。

雑記
f:id:home-security:20160225152525j:plain

努力』と『センス

僕は『センス』がある人にはどれだけ『努力』をしても敵わないと

子供の頃からずっと思っています。今でも。

努力が必ず報われるわけじゃないこともわかっています。

でも、それ以上に、努力は自分の軸になるということをわかっています。

 

outward-matrix.hatenablog.com

この記事を読みました。

頭の良い人は努力を言葉にすることができるんですね。

でもきっとバカみたいにがむしゃらになって努力したことがある人は、

こんなこと書けませんよ、きっと。この本を読んだわけではないですけど。

努力は、理屈っていうか、言葉でどうこう言えるものではないと思います。

 

それが実るか実らないかはまた別。

嫌々時間と体力をつぎ込まなければいけない時だってあります。

「娯楽」と思えないようなことの方が多いと思います。

それでも続けていくのが努力じゃないでしょうか。

 

わざわざ努力を人に見せたりわかってもらおうとする必要はないと思いますよ。

ただ、今自分が辛いと思いながらも努力をして、

その努力があったからまた次の努力に繋がる。

 

それが結果に結びつかなくても。辛くても自分を動かす熱みたいな。

勝てなくてもやるんですよ。結果が見えててもやるんです。

負けだとわかっていても向かって行く。ぶっ倒れてもまたかかって行く。

今は辛いけど、娯楽なんて思えないけど、いつか超えてやろうって思うことを、

努力とは言わないんですか?

 

センスがある人間には敵わないけど、こうやって努力してきた人間は、

センス以上の強さがある。何回でも立ち上がるのは努力をしてきた人間です。

消耗するのが人生でしょ?

 

 

自分に喝を入れてるようにも思えて来たけど。

こんな熱さみたいな気持ちをまた持ちたいなって思います。

熱くならなきゃおもしろくないですからね。

気持ち的に沈んでる時間が多かったですけど、

ブログを始めて文章を書くことで、こうやって気合いも入るし、

感情を出す感覚?みたいな気持ちを思い出せるような気がします。

 

若干熱くなってしまったかもしれませんが。

Speedque01さん、熱くなるネタをありがとうございます。

以上です。最後までありがとうございました。 

LINEを非表示にする人数が猛スピードで増えていく。

雑記

*くだらない愚痴みたいなただの決意です。

f:id:home-security:20160224155614j:plain

どうもです。

最近、携帯が鳴るだけで舌打ちをしてしまう僕ですが、

LINEの友達を非表示にする人数が、ボルト並みのスピードで増えています。

上辺だけの付き合いがこんなにも多かったのかとビックリ。

 

何百件と友達がいても、ほんとに用事があってLINEのやり取りをするのは、

その中の5人くらい。他はツムツムとかのゲームの招待、くだらない用事、

暇潰しの連絡など、必要ない連絡ばかり。

むしろあなた誰ですかみたいな人もいっぱいいる。

 

知り合いかもの所に出てくる人もいっぱいたまってるけど、ほとんど知らない。

電話番号で追加されましたって言われても番号教えた記憶もない。

Facebookもやめたし、インスタグラムもやめた。

もうLINEもやめる勢いだけど、飲み屋のねーちゃんとのやり取りが困る。

しょうがないけど。

 

便利な世の中になればなる程、不便な世の中にもなっていくような気がする。

だから全部1回リセットするために、まず携帯のデータを整理。

今流行りのミニマリストの携帯版みたいな。 そしてここから離れる。

 

ってことで、北海道を離れて、名古屋かどっかそっちの方に行きます。

ここにいたらめんどくさいことも、甘えちゃうところもあるし。

ほんとはすぐ行きたいんですけど、3月中にどうしても外せないことがあるので、

3月末か4月頭には。

 

こんな人生になってるのも全部自分が悪いです。

だから今までの反省と、これからのやり直しのために、

しばらく1人で過ごしてみようと思います。

 

以上、くだらない愚痴みたいなただの決意でした。

にほんブログ村に登録して2週間が経ちました。

雑記
f:id:home-security:20160223141155j:plain

どうもです。

タイトルの通り、にほんブログ村に登録してから2週間が経ちました。

結果から言うと、ブログ村からのアクセスは全体の約2%です。

参加しているカテゴリにもよるのかもしれませんが、

あまり手応えは感じていません。感じていないというか、全く意味がない気がする。

 

参加カテゴリが「オヤジ日記ブログ」→「30代オヤジ」 なのですが、

これがよくないのか、ただ単に、読もうと思わないブログなのか。

トラコミュにも参加して毎日トラックバックしていますが、

効果は全くないように思います。こういう結果になっているということは、

僕のやり方の何かが間違っているということなので、色々試してみようと思います。

 

ただ、結果が出ていないからと言ってドーンとなっていてもおもしろくないので、

30代オヤジが興味のある分野は何かを検証したところ、 

ドロドロした話題が好みなんじゃないかと気付きました。

不倫とか精神的な問題とか。そういうお年頃?笑

 

どうでもいいですけど、

とりあえずアクセスとか気にし過ぎもよくないと思うので、

とにかく記事を書きたいと思います。

きのうから思うように文章が書けないですが、音楽でも聴いてリセットします。

 

2年とか3年、ブログを続けてる人ってほんとにすごいと思う。 

草食系男子諸君 『ダウト』をインストールせよ。

雑記
f:id:home-security:20160222174832j:plain

どうもです。

『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』

このアプリ知ってますか?

三十路のおじさんの口からこの言葉が出てくるなんて

アプリ開発者もきっと驚くでしょうけど。

 

僕は自分が草食系男子だとは一切思っていませんが、

ブログのネタになると思い、ダウトをインストールしました。

結局すぐ飽きたんですけどね。

もともと僕はゲームを長く続けることができません。

 

全部クリアして、「三十路が教えるダウト攻略法」

なんて記事を思い描いていたのですが、

1人目をダウトした後のストーリーを読み進める時点で飽きました。

f:id:home-security:20160222175348p:plain

*上部の「ああさん」というのは名前です。

 

でもこれすごいですよ。登場する男の子が10人いて、

この中の1人が運命の人。的な感じなんですけど、

10人全員ががっつり肉食系男子狩野英孝もビックリ。

ってことでもともと考えていた話を都合よく切り替え、

草食系男子をネタに使わせてもらうことにしました。

 

だいたい草食系男子って何なんだって話なんですけど、

きっと「むっつり」に似たものだと思っています、僕は。

次から次に新しい言葉が出てきますからね。

 

今なんて「塩顔」って言葉もあるみたいですよ。

どんな顔なのか調べてみたら、代表的な塩顔は坂口健太郎さん。

坂口健太郎さんと言えばあのドラマですが、

関連記事あります。

こんな話はどうでもいいですけどね。

 

とにかくダウトに登場する男の子は全員肉食系男子

このダウトが人気あるってことはやっぱり女の子は、

グイグイ来る感じが理想なんですかね?人によって違うでしょうけど。

 

あれだけ肉食系男子がいれば、少子化問題も解決しそうです。

少子化問題の前に解決しなければいけない問題もあるんですよね。

関連記事あります。

この話も今回は関係ないですね。

 

ダウトされる神、狩野英孝もビックリな肉食っぷりを、

ダウトで体験してみるのもアリだと思います。僕はすぐ飽きましたが。

主人公の女の子もがっつり肉食です。ダウトで日本に活力を!笑

 

 

僕はなぜ、こんなに過去記事をペタペタと貼り付けたのか。

自分でもよくわかりません。

 

最後に、どうでもいい話ですけど、芸能人が何か問題を起こす度に、

視聴者に謝罪するシステムが全く理解できないのは僕だけでしょうか?

 

以上、最後までありがとうございました。 

ネコの日だからサルの話をする。

雑記
f:id:home-security:20160222115007j:plain

どうもです。

「ピグミーマーモセット」ってサル知ってますか?

体調10cm~15cmの小さいサルです。

僕は昔からサルを見ると心がキャンッッ!てなるんですけど、

この「ピグミーマーモセット」を初めて見た時は、

キャンッッ!の連続でした。

 

飼いたいんですけど、安くても50万以上するんです。

取引規制みたいなのもある?みたいだし。

そしてうちにはやばいネコがいます。

こいつがいたら何をするかわかりません。

犬猿の仲なんて言葉もありますからね。それは犬ですけどね。

 

イヌやらサルやらネコやらなんだかごちゃごちゃになりましたが、

とりあえず、最高に可愛いピグミーマーモセットをご覧ください。



 

あー、癒された。

色々疲れることがありますが、こうやって癒されながら

みんな生きるんです。日本は生きる!

あれ?なんか違うような気がするけど、まあいいか。

父がYouTuberになろうとしているっぽいので密着します。

ネタ
f:id:home-security:20160221182833j:plain

どうもです。

ギター6本、パソコン1台、録画機器いろいろ。

これ怪しいですよね?YouTuberになろうとしてますよね?

完全に広告収入狙ってますよね?

ってことで、怪しい動きをしているうちのとおちゃんの1日に完全密着!

 

ーーーーーー

 

AM 4:30--

うちのとおちゃんの朝は早い。迷惑な程、早い。仕事に関係なく早い。

起きてまず一服。と、同時に愛おしそうな目でギターたちを眺める。

 

AM 5:00--

おもむろにパソコンを開き、ギター動画をYoutubeにアップしている人を

尊敬の眼差しで見つめる。そして僕に一言。「この人すごいよね。」

僕「う、うん、すごいね。」

この時点で、とおちゃんがYouTuberになろうとしているという僕の疑いは、

完全に確信に変わる。

 

AM 7:00--

その後約2時間、尊敬の眼差しを絶えず送り続けた後、

またも愛おしそうな眼差しでギターたちを眺め始める。

やっと自分で弾くのかと思いきや、台所へ。

 

AM 7:15--

朝食。超簡単なやつ。

 

AM 7:30--

食後の一服と同時に、なんとまたYoutube。(さっきと同じ人のギター動画)

もしかしてこのおじさんのことが好き?と違う疑いを持ち始める僕。

 

AM 8:00--

やっと自分のギターを持ち、チューニング開始。6台全部。

エレキギターで何曲か弾き、「歳とったら指動かないなー。」なんて、

自分のハードルを下げるために独り言っぽく息子に喋りだす。

 

AM 11:00--

僕飽きる。

 

PM 1:00--

昼食。超簡単なやつ。

 

PM 1:15--

食後の一服の後、録画機器をセットし始める。

 

PM 1:30--

軽く何曲か弾き、録画開始。

一番自信がある曲を1曲目に選択したっぽい。 

 

PM 2:00--

僕が異変に気付く。録画はしているが、手元しか映していない。

 

PM 2:05--

顔だしはしない方向で行くのか。と理解する。 

 

PM 4:00--

ギターを置き、近くのスーパーへ買い物に出掛ける。

きっとまたジンギスカンみたいやつ。肉と野菜を炒めてジンタレかけるやつ。

 

PM 4:30--

予想当たる。休みの日の晩はだいたいこれ。

NHKでニュースチェック。

 

PM 5:00--

晩飯。うちのとおちゃんの晩飯は早い。

食いながらビールを1本。ウィスキーを2杯。

 

PM 6:00--

またギターを持ち、弾き始める。

次はフォークギター。しかも弾き語り。

 

PM 6:30--

意を決してとおちゃんに聞いてみる。

「YouTuberになろうとしてる?」

 

PM 7:15--

とおちゃん寝る。うちのとおちゃんは寝るのが早い。

 

 ーーーーーー

 

 

 

そんなとおちゃんは今日が56歳の誕生日。

ヒカキン並みにYoutubeで人気者になることを期待しながら、

今日は寝かさないでビールでも一緒に飲んでやろうかな。

タイトルとスタート100文字の大切さを知る。

雑記
f:id:home-security:20160221113131j:plain

どうもです。

まだじっくり分析する程のブログではありませんが、

アクセス解析を見ていて気付いたことがあります。

スターの個数とアクセスの割合がおかしい。

スターをもっと付けてくれ!という話ではありませんのでご安心ください。笑

 

僕はトップページが記事一覧ページになるようにカスタマイズをしていますが、

記事タイトルの下に、画像と記事本文が横に並びます。こんな感じ。

f:id:home-security:20160221131509p:plain

この「本文」なんですけど、100文字ちょっとで「…」になります。

本文の続きを読むには記事タイトルをクリックして、

記事ページに行く必要がありますよね。 ページに行った段階で、

その記事のアクセスが1になります。

 

画像上段の『謝罪。』という記事。

またいつもの癖でふざけてしまったんですけど、

ありがたいことにスターの数が過去最高でした。

こんなにスターをもらえたら嬉しくてテンションが上がります。

「おー、この記事読んでくれてるんだなー。」って思いますよね。

 

でもなんかおかしい。

『謝罪。』のページへのアクセスがスターの数より明らかに少ないんです。

読んだとしてもスターを付けないのはわかります。でもその逆で、

読んでないけどスターを付けることもできる。ということに気付きました。

わざわざ記事ページまで行かなくてもここでスターを付けれるんですよね。笑

f:id:home-security:20160221135334p:plain

ここで付けてるからスターよりアクセスの方が少なかったんだ。

と今更気付きました。

あ、そこまでスターにこだわりを持っているわけではないですよ。

一人が何個も付けることができるからなんとも言えないことではあるんですけど。 

 

で、やっと本題ですが、記事ページまで行かないということは、

タイトルと100文字ちょっとの本文のさわりを見て、

読む価値がないという判断をされてしまっているわけです。

 

うちのネコの話の記事は、

home-security.hatenadiary.jp

このブログでダントツのアクセス数ですが、『謝罪。』よりスターは少ないです。

でもアクセスが多いとうことは記事ページまで見てくれているということ。

また完全にふざけていますが、読んでみるという何かがあったからだと思います。

 

その「何か」を考えると難しいですが、確実にわかっていることは、

タイトルとスタートの100文字で少しでも興味を持ってもらうこと。

それがアクセスに繋げる一番大事なことだというのがわかりました。

 

 

書いていてもう一つ思ったことがあるんですけど、

僕こんなにふざけてるんですね。笑 

9割スベってますが、ふざけることに理由がないわけではありません。

 

ブログを書くようになって、他の方の記事はもちろん、

ネットで文章を読むことが多くなりました。

すごくおもしろいし、勉強になることもたくさんあるんですけど、

気分がどんよりする話題もたくさんあります。

テレビでニュースを見ていてもそうなんですけどね。

 

不倫、住所特定、中毒、暴力団、その他もろもろ。

ネット上で流行るのは、日本死ね、バカなの?ってマイナスな言葉ばかり。

ひとつひとつに理由があるのはわかります。だから、

こういう話題や言葉を見ることが多くなるのもわかります。

 

でも毎日どんよりしてても気持ち悪くないですか?

自分に対してってのもありますけど、このどんよりから一瞬でも離れる時間が

あればちょっとでも楽な気持ちになるんじゃないかなーって感じで、

毎回ふざけてしまいます。

 

何回も言いますが、スベることが9割ですけど、

ちょっとでもクスッとしてもらえたら、と思い、

どうしてもふざけたい欲求を抑えることができません。

 

ということで、僕はこれからもスベりながらふざけ続けると思いますので、

少しでもクスッとしたら正直に申告してくださいね。笑

 

以上、最後までありがとうございました。