職業:自宅警備員

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【職業:自宅警備員】

思うままつらつらと。

うちのネコがやばい。

f:id:home-security:20160218150725j:plain

うちのネコがやばいんです。

黒猫なんですけど、常にこの画像のネコちゃんみたいな威嚇をしてきます。

近寄って来たと思ったらいきなり噛み付いたり。

 

そのうちのネコが何か言っているので、ここに書かせてもらいます。

聞いてやってください。名前は『クロ』です。

以下、クロからの言葉。

 

ーーーーーここからーーーーー

どうも、ご紹介に預かりましたクロと申します。

お忙しい中、わたくしのようなネコのためにお時間を割いて頂き、

心から感謝申し上げます。

 

軽く自己紹介をさせて頂きますと、わたくしは男ですが、

小さい頃に大事なキャンの玉ちゃんを取られまして、不本意ながら『オカマ』という

どっちつかずの性別になっております。

なぜ人間というものはこんなにも偉そうなのか。と

腹立たしさを感じながら、必死に日々を生きております。

 

さて、春の訪れが待ち遠しい今日この頃でありますが、

別れの季節、そして新たな出会いの季節がもうすぐそこに迫っております。

別れといえば、わたくしにもほろ苦い経験がございまして。。。 

-

-

-

ところで、皆さま一度はご覧になられたことがあるかと思いますが、

最近よくティーヴィー*1で見掛ける、あのネコ。

「にゃんきゅっぱー、にゃんきゅっぱー」と繰り返し唱えているあのネコですが、

実は、クソが付く程の『ビッチ』であることはご存知でしょうか?

あんなに声が低くても正真正銘の女性でございます。

ただの酒ヤケと、なんとも言えない吐息まじりの上ずった声の出し過ぎで、

あのような声になってしまいました。

 

今ではこんなにも有名なネコになってしまいましたが、

昔は田舎もん丸出しの素直で元気な女の子でした。

そこまで遡ってしまうと話が長くなってしまいますので、省略させて頂きますが、

 

そんな彼女とわたくしは、昔からの仲でして、『恋仲』とでも言いましょうか、

まあ、そんな仲だったわけですが、忘れもしないあの日、

わたくし達は引き離されてしまったのです。

 

元々、芸能界を目指し、共に田舎から上京したわたしたち。

なんとか芸能事務所に入ることができ、

都会の荒波に揉まれながらも、共に手を取り合い、必死に頑張りました。

そんな中、願ってもないチャンスが彼女に舞い降ります。

それがあの「にゃんきゅっぱー、にゃんきゅっぱー」のスゥィーエム*2

だったわけですが、彼女は見事、チャンスをものにし、今活躍しております。

 

そんな中、わたくしはというと、初めの頃は一緒に出演をしておりました。

しかし、彼女一人で軽トラに乗せた方が演出的にしっくりくるという、

人間の身勝手な都合により、解雇されてしまったのです。

彼女がなんとか説得しようと試みてくれはしましたが、結局叶わず。

芸能界にも、彼女にも未練を残したまま、渋々北海道に帰ってきたのです。

 

帰って来てからというもの、自宅警備員というわけのわからない飼い主にも

かまわれず、わたくしは日を追うごとに精神的な負担が増していきました。

もちろん彼女のことを忘れることなどできません。

ティーヴィーをつけるたび、彼女の姿を見ては涙する毎日です。

 

そんな時、上京していた頃、お世話になっておりましたピーセン*3から

電話が来るのですが。。。話を聞きわたくしは膝から崩れ落ちました。

垂れ下がった耳は元に戻らず、手に持っていたにゃんきゅっぱーは地面に落とし、

今までに感じたことのない心の痛みを感じました。

 

なんと、プロデューサーと関係を持ち、その後何かの糸が吹っ切れたかのように

毎日、毎晩、サカっているようなのです。

この話を聞いてからのわたくしは荒れに荒れました。

わたくしと彼女を引き離した人間を恨み、

彼女のビッチスイッチを解放させたプロデューサーを恨み、

この恨む気持ちをぶつけるかのように、飼い主や身近な人間に牙をむきました。

 

飼い主の彼はわたくしのこの波乱万丈な人生を知りませんでした。

ですので、なぜわたくしがここまで人間に襲い掛かるのか、

自分から近寄って行っては噛み付くのか、不思議に思っていたでしょう。

このままではわたくしも心もとないと思い、今回この場をお借りして

全てを打ち明けることに決めました。

 

あれから幾多の時が流れ、そろそろわたくしも前を向かなければいけない時です。

今まで隠してきた過去を打ち明けることができ、なんだかスッキリしております。

ただ、やはり「にゃんきゅっぱー」というフレーズを耳にすると、

時間がタイムスリップしてあの頃に戻ったような感覚になります。

 

わたくしは生涯、彼女を心から愛したことを忘れはしないでしょう。

その気持ちに、今は、そっとフタをしておきます。

そして、今、言えることはただひとつ。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

 

ご清聴感謝致します。

ーーーーここまでーーーー

*フィクションです。 

 

う~ん、こんな話はどうでもいいけど、なんで噛むのか理由が知りたい。 

*1:テレビ

*2:CM

*3:先輩

広告を非表示にする