職業:自宅警備員

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【職業:自宅警備員】

思うままつらつらと。

女の冷え性と男の武勇伝と共通の寝不足と。

ネタ
f:id:home-security:20160206031430j:plain

 

ある検証をしてみたのでその結果を、北海道のとある田舎町からお届けします。

(自分調べ)

 

  1. 自分は「冷え性」だと答える女子:約8割
  2. 昔こんな悪い事をしたと競い合う男子:約8割
  3. 睡眠時間の短さを競う人間:約8割

 

この3項目の検証をした結果、見てわかる通り、

全て8割の人が該当するという結果が出ました。

 

まず1.『自分は冷え性だと答える女子』についてですが、

回答した女子よりも、ほぼ100%の確率で

僕の方が手足が冷えているということがわかりました。

 

僕は自分が冷え性だとは思っていませんので、

このことからも冷え性だと勘違いをしている、

ただ寒がりなだけの女子がほとんどだということがおわかり頂けると思います。

 

一応、僕の手足が異常に冷たいという解決策を書いておきますが、

「寒い日はオシャレよりも防寒を優先する」ことと、

「布団にグルグル巻きになって寝る」こと。これに尽きます。

防寒よりもオシャレを優先する恰好をしているのであれば、

それは冷え性ではなく、ただの寒さ対策不足によるものです。

冷え性に効く方法を探す前に防寒を意識してみてはどうでしょうか。

冷えに対してお悩みの方はぜひご参考に。

 

次です。2.『昔こんな悪い事をしたと競い合う男子』について。

「昔俺はこんなに悪かった。」と、武勇伝を語り、

そこに更に「俺なんてこんなことしたぞ」と、

不良アピールを競い合う男子がよく目撃されます。

 

目撃場所はほとんどが男女複数のグループでワイワイしている居酒屋等ですが、

こういった武勇伝勝負に、何かピッタリな名前はないかと思っていたところ、

素晴らしい言葉に辿り着きました。

中2病」この言葉があれば多くを語る必要はない。

 

3.『睡眠時間の短さを競う人間』

「いやー今日4時間しか寝てねー」 「え、私なんて2時間しか寝てないよー」

 これについては何も言うことはありません。寝てください。

 

以上、北海道の田舎町からお届けしました。

 

ちょっと最近ふざけてばかりなので、心を入れ替えます。笑

広告を非表示にする